ツノゼミ

ユニークな形の昆虫の代表と言えば、まずはツノゼミだろう。
子供の頃、図鑑で見たツノゼミは、とても魅力的だった。

e0146738_8561573.jpg


しかし、実際見てみると、しょぼい。
なぜなら、非常に小さいからである。

恐らく、ここアルゼンチンでも、こんな奇妙な形をした昆虫がいることに
気づいている人は少ないと思う。

e0146738_8571572.jpg


しかし、南米のツノゼミは、奇妙な形をしているものが多い。
接写すればこれが自然の造詣?と思われるような奇天烈な昆虫である。

e0146738_8573355.jpg


恐らくアリに擬態しているものと思われる。
[PR]
# by oikawa_12y | 2015-01-12 08:58 | 昆虫_その他

ウラモジタテハ

e0146738_350508.jpg


こちらのチョウは、ウラモジタテハという。
有名なチョウで、南米にきたら一度は見てみたいと思っていた。

なぜ裏文字なのか、翅を見ると88と書いてあるように見える。
こちらでは、オチェンタ イ オチョ(88)と呼ばれている。

イグアスならいるだろうと思っていたので、探すと飛んでいるのを見かけるが
飛んでいると早いので写真に撮る事はできない。

e0146738_3502423.jpg


どうしようか悩んでいると、トイレの前にいっぱいいた。
しかも、吸水しているので撮りやすい。

しかし、こういった所で撮っているのは、非常に怪しい。
でも誘惑に負け、撮影をしてしまった。
[PR]
# by oikawa_12y | 2015-01-12 03:51 | チョウ

魚露目で…

e0146738_519814.jpg


集団吸水のようないいシーンであれば、ツーショットは押えておきたい。
ただ寄るだけなら簡単だが、後ろに手を回すとみんな逃げてしまう。

集団だとチョウは強気なのでそうは逃げないだろうと思っていたが
そうではなかった。

e0146738_5194133.jpg


こんな失敗を繰り返していた。
[PR]
# by oikawa_12y | 2015-01-10 05:20 | チョウ