<   2008年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

名前

e0146738_8572927.jpg


物には名前と言うものがある。生き物だって名前がある。まあそれは人間が便宜上つけたもので付けられたほうは全く関心がないはずである。世界中には、沢山の言語があって、例えば、日本語だと椅子と言うものがあるが、英語圏だとチィアーなどと呼ばれている。スペイン語だとシジャなんて呼ばれている。生き物の名前だって国それぞれでいろんな呼び名があるが、世界中の研究者はそれでは困る。そんな訳で、学名と言うのが付けられるわけである。これは世界共通ルールがあってそれに則りつけられているわけである。これは、ラテン語を使って付けましょうと言うルールがある。
前、TVでアカトンボの話を聞いていた。その時、”このアカトンボを学名でアキアカネと言います。”などと言っていた。これは大間違いである。アキアカネは、間違いなく和名である。海外の研究者にアキアカネといっても多分わからない。日本国内であれば、まあアキアカネでも十分通じる。これを和名と言う。
僕は、海外で昆虫撮影をしている。だから適当に撮影した虫に和名を付けたりしている。海外の虫に和名は必要ないかな?とも思うが、日本人に紹介する時和名があったほうが親しみやすいのである。

今日のこの虫、ツノゼミの一種である。多分和名はないと思う。
だからテントウムシツノゼミと命名した。
清き一票を!

にほんブログ村 写真ブログ 魚眼撮影へ
[PR]
by oikawa_12y | 2008-06-30 08:57 | 昆虫_その他

ツーショット

e0146738_13353871.jpg


僕が子供の頃、よく昆虫図鑑を見ていた。大体見開きで一ページぐらい外国の虫が出ていた。それは、標本写真だったり、絵だったりした。当時は、生きた写真などめったに見られなかった。それでも外国の昆虫は魅力的で、日本の昆虫からは、想像もでいないような奇妙な形をしていてそれらのページは、僕のお気に入りだった。何時か、こんな昆虫の生きた姿を見てみたいと思い続けていたのである。
そんな思いが今もあるのだと思う。あこがれていた昆虫にあった記念写真、そんな思いでツーショット写真はあるのである。

清き一票を!

にほんブログ村 写真ブログ 魚眼撮影へ
[PR]
by oikawa_12y | 2008-06-29 14:00 | 昆虫_その他

タランチュラ

e0146738_12273560.jpg


今日の写真は、タランチュラ。虫も嫌われ者だが、クモはもっと嫌われ者であると思う。しかもでかくて毛むくじゃらの彼(彼女かもしれないが)は、凄く嫌われ者である。当然、ホンデュラスでもかなり嫌われ者である。今日、職場にいくと大きいクモがいるというので出向いていって捕って来た。写真のモデルとしては、とても良い。こちらの人は口を揃え恐ろしいクモだと言う。馬が、噛まれとんでもない事になると言うのだがホントなのだろうか?風貌は恐ろしいが、人の顔を見れば逃げるし積極的に噛み付こうと襲い掛かってくる生き物ではない。ただ本当に毒はあるようだし、むやみに触るのは控えた方がいいかもしれない。

今日の写真も魚眼撮影。ブログ村魚眼撮影カテゴリー1位独走中W。他のブログ更新していないようですW。

清き一票を!

にほんブログ村 写真ブログ 魚眼撮影へ
[PR]
by oikawa_12y | 2008-06-28 12:30 | その他_生き物

魚眼レンズ

e0146738_518230.jpg


ブログ村魚眼撮影カテゴリー第一位なのだが、最近魚眼撮影をしていない。これはいけないと思い、急遽魚眼で撮った。僕の魚眼の一つに魚露目8号と言うのがある。これは、判りやすく言うと高級ドアスコープのようなものである。ドアスコープとは、ドアの覗き穴についているあれだ。
それをカメラのレンズに取り付け撮影している。

昨日からネットが不通で職場のネットを借りて更新している。

清き一票を!

にほんブログ村 写真ブログ 魚眼撮影へ
[PR]
by oikawa_12y | 2008-06-26 05:22 | 昆虫_その他

擬態

e0146738_1311124.jpg

擬態というのは、回りの環境に同化したり、他の昆虫のまねをしたりして、防御したり、獲物を捕らえたりすることである。細かな定義もあるが大まかにはそんなものである。
今日の写真のカマキリは、お見事に枯枝に擬態している。撮影中、レンズ交換などしてちょっと目を離すと判らなくなってしまう。このように環境に溶け込み、身を守ったり、獲物を待ち伏せしているのだろう。
このような写真を撮るのは、結構難しい。下手にフラッシュを使えば、虫が浮き出してしまう。虫そのものの形を捉えるならそれでもいいが、その風景に溶け込んでいる様を写すには、自然光で撮る方が良い。フラッシュは、味付け程度に、使うと良い結果になる事もある。強すぎは禁物である。

清き一票を!

にほんブログ村 写真ブログ 魚眼撮影へ
[PR]
by oikawa_12y | 2008-06-24 13:11 | 昆虫_その他

ブログランキング堂々一位

にほんブログ村 写真ブログ 魚眼撮影へ

ブログランキング、日本ブログ村と言うのに登録している。そこのカテゴリーで、日常写真と言うのと魚眼撮影に登録している。日常写真はまあ参加者が沢山いるが、魚眼撮影はというと見ていただいたほうが早いかもしれない。

でもこのたこ庭が、堂々一位になったのである。
目出度いのだが...。最近、魚眼の写真載せてない!
と言う事で急遽魚眼写真を...。

e0146738_14185990.jpg

[PR]
by oikawa_12y | 2008-06-23 14:19 | 昆虫_その他

ハエトリグモ

e0146738_9213612.jpg

小さなクモは、拡大するとなかなかカッコイイ。ハエトリグモなどは種類も多いし、被写体としては非常に面白い。
拡大写真を楽しむならマクロレンズだろう。初めてだと50mmぐらいのがお勧めで、デジ眼だと35mm換算で70mm位になる。お手ごろだろう。今日の写真は、50mmマクロに×1.4のエックステンダーをつけている。こんなお手軽に等倍以上の撮影ができるとは、嬉しくなる。
マクロレンズを持っていないが、マクロ撮影がしたい人は、クローズアップレンズがお勧めである。フィルター取り付けネジが付いているレンズならどんなレンズでもOK。一つ買ってバックに入れておけば、かなり重宝するだろう。

Photo ホンデュラス 21/Jun/2008

ワンクリックでポイントが入ります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by oikawa_12y | 2008-06-23 09:08 | 昆虫_その他

カメムシ

e0146738_13404898.jpg


カメムシと言うのは、一般的には嫌われ者である。一番の理由は、臭い。臭いということはまあ毒があるということで、捕食者に対し防御をしているわけである。カメムシも何時も食われて、臭いをかますのはたまったものではない。だから個性的な、いでたちをして、一度食べたら忘れられないようにしている。だからカメムシはキレイなものが多のである。

Photo ホンデュラス 21/Jun/2008

ワンクリックでポイントが入ります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by oikawa_12y | 2008-06-22 13:47 | 昆虫_その他

天気雨

e0146738_844435.jpg


トカゲやヘビなどの爬虫類は、変温動物といって太陽の熱で体温を保ってるので雨はあまり好きでないようである。正に雨の日は、お休みと言ったところである。ある意味羨ましいがそれはそれで大変かもしれない。
これを撮影したのは、僕が住んでいるアパート。このトカゲが住みついておりよく塀の上で日向ぼっこをしている。こちらの写真、雨の中のトカゲ、天気雨に騙され出てきたようである。水滴に光る太陽がきれいだったのでトカゲより雨を主役にしてみたつもりである。

Photo ホンデュラス 29/May/2007


ワンクリックでポイントが入ります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by oikawa_12y | 2008-06-21 08:42 | トカゲ

夜店のオヤジ

e0146738_10201958.jpg


夜店のオヤジである。最近は、ホンデュラスの夜店もこんな光物が沢山売っている。どこも同じものを売っているので、そんなに一つの店でバンバン売れるものではない。
オヤジは、ぐるぐる回して客さんを集めようと努力するがそんなには集まってこない。そんな哀愁を絵にしてみようと思った。こんな時は、スローシャッターで狙ってみる補正-1でAVでf4.0でssは1/4になった丁度よさそうなブレ具合が期待できそうである。カメラは、リコーGX8三脚はなし、僕はオヤジの後ろに座り込み膝を立てそこにカメラを押し付けた。

Photo ホンデュラス 11/06/2008


ワンクリックでポイントが入ります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 日常写真へ
[PR]
by oikawa_12y | 2008-06-20 10:29 |